■エミュレーター関連情報リンク

swgemu.com
開発の総本山

truegalaxies.com
私の入っている海外サーバー



現在のサーバーRevision ---

■メニュー

ホロクロン(サイト紹介)
■キャラクター紹介
 tabayan Disa
 Athena Victory
全SS一覧
 ボツSSもあるよ(笑)
Emuで出来る事と出来ない事
初期バージョンでの実装予定機能

■リンク
■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■履歴

2005.2.23 ゲーム開始
2005.3.?? マスターアーティザン取得
2005.4.17 マスターアーキテクト取得
2005.5.15 マスターシップライト取得
2006.3.16 ゲーム終了

2006.7.22 エミュサーバー潜入開始

■ブロとも申請フォーム
■カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | --:--:--
シンフォ狩りが遂に終了
space
 画像はコルベット艦。
 SWGの世界は徐々に終わりに向かって行きます…。


 書いている事がかなり前後していますが、気にせず行きましょう(笑)。
 CU直後と年末年始に「経験値2倍期間」がありました。CU直後の方はFSS経験値が4倍になってしまう状態で、みんなここぞとばかりに狩りに勤しんでいました。
 その狩場として一番有名だったのが、プレイヤーシティーの「モスシンフォニア」。この町の周辺には狂った様に高CLの敵が湧いていました。この当時、敵の沸き具合の基準は「初期配置の街に遠ければ遠いほど高CLの敵が湧く」感じでした。
 このシンフォ狩りの手法(ポイント)が発見される前は、ダント(ダントゥーイン)での狩りがメインだったと思います。それがある日、他惑星での狩りからタトゥーインでの狩りにシフトが移ります。敵1匹あたり2~3000の経験値。その敵が1つの巣で(8人パーティーで)3~40匹は湧きましたか…それだけでも12万。一人あたり2つのミッションが取れて、8倍だと192万。単純計算でもこれだけの経験値が入る狩りは、もう狩りじゃないですね(笑)。でも、この狩りを100回以上しないとJEDIになれませんでした。
 オールインワンパックの頃には既にこの手法は確立していたので、初心者が開始1週間でCL80になるのは簡単でした。ただ、このゲームの特徴というか欠点というか、「CL上げきるとやる事がない」んです。クエストはバグだらけ、経験値稼ぎはシンフォしかない、宇宙は一人でこなすには辛い部分もある(出来ない事は無い。一人9部隊マスターバッヂを取った人も居る訳だし)、でもJEDIの道はまだ遠い…。結局やる事が無くなる訳です。スキルを変えるのは今までの努力が消えちゃうので、そう簡単にはできない訳ですよ。
 他のMMOであれば、転職やレアアイテム収集などでいくらかは道があるのですが、SWGはその道が殆ど用意されないままでした。運営側は事あるごとに対人戦イベントを催しますが、日本人が求めている所は対人戦じゃないんですよね。
 そんな頃に打ち出された「パーティー経験値のの見直し」。これによって敵の持つ経験値が完全に頭割りとなります。この方式は元々運営側が考えていた方式の様でしたが、今までの「1匹の経験値をすべて均等に(1発当ててれば)全員に配分方式」とは180度方向性が違います。
 当然アメリカや日本でブーイングの嵐が巻き起こり、異例の『パッチ差し戻し』が実施されます。今までシンフォ狩りでデューパック1匹あたり3,000は入っていた経験値ががた落ちですからねぇ…。
 結局、差し戻しで一時は息を吹き返したシンフォ狩りも、後の敵の分布範囲の見直しで完全に息絶えます。タトゥーインでCL80の敵の沸く場所がクレイトドラゴンの墓周辺のみになってしまったからです。
 
 ちょっと話がそれました。
 2005年10月28日 17:00に日本公式に衝撃的な記事が載りました。
 
 「スター・ウォーズ ギャラクシーズ』日本での有料サービス停止のお知らせ」
 
 本当に突然でした。今思えば確かに前兆はありました。オビ=ワン拡張のリリース情報の遅延や初心者のログイン率のあまりの低さ。EP3の時は結構居たはずの初心者が、無料期間が終わっても居残っていない。ウェルカムバックキャンペーンが来たり、日本だけ体験版DLがなかったり。そして、アメリカで聞こえ始めた新拡張の話…。
「この前オビ=ワンが入ったばかりで、また大型拡張?」と思った物でしたが、サービス停止の理由はユーザーの少なさでしょうね。
 まだこの頃はプレイヤーに「やる気」がありました。オビ=ワン拡張も入りたてで、冒険の部隊がまた増えた訳ですから。でも、その後にベータテストが始まった「ニューゲーム・エンハンスメント(NGE)」でそのやる気も殆ど削ぎ落とされてしまいます。
 このNGEは「スターウォーズらしさ」を強調しているようですが、結果その「らしさ」の殆どを失ってしまっています。操作体系が180度替わり、スキル制が廃止。同時にCLを進化(退化)させたレベル制に移行し、職業も9つに絞られてしまい、それぞれの職の特徴がキャラの特徴となってしまいました。
 ベータテストも2週間しかなく、テストの舞台も専用の初心者チュートリアルの舞台のみ。フィードバック反映の時間すらなく、実際の惑星(コピーデータのテストサーバー)でのテストも行われずに実装と言う力業でもの凄くユーザーの顰蹙(ひんしゅく)を買います。そこで出てきたのが、SOE社長のコメント。あれを見て見切りを付けた人も多かったのではないでしょうか?まあ、一番はNGEでしょうけどね。スター・ウォーズという世界に「住める」ゲームから、単にスター・ウォーズのゲームに品質を落としてしまった訳だし。
 
 つづく(3月18日加筆修正)
スポンサーサイト


テーマ:SWG[スターウォーズギャラクシーズ] - ジャンル:オンラインゲーム

帰り道 | 02:02:28 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。